老師某天的宿題出了日本禮儀關於おじぎ(鞠躬)需幾度的問題,

日本人連鞠躬要幾度也可以是宿題題目我不意外,不過這有讓台北會計主管感到很吃驚,

因為他說連身為日本人的他也不見得懂的,我們怎麼會知道他們如何分辨,

但我們老師就愛出一些連日本人都不見得懂不見得知道的宿題啊~

而我也請教了幾位日文系畢業的同事同時也有上網搜尋,

網路真的是很方便,讓我從中多學習不少相關禮儀的資訊,

日前日本本社也有派員來台教導我們一些商務禮儀,也有相關的資料讓我們學習,

像是接聽電話,倒茶的先後順序,坐會議桌的順序等等。

===============================================

お辞儀には会釈、敬礼、最敬礼の3つがあります。

まずは姿勢です。基本として背筋とヒザをしっかりと伸ばします。

そして腰から頭にかけて一直線になるように腰を曲げます。首だけヒョイっと曲げるのはNGです。

 手の位置ですが、男性なら体の脇へ下げ、女性なら前で両手をそろえると美しく見えます。

 次にお辞儀と声の挨拶のタイミングです。

お辞儀と声の挨拶は同時に行いがちですが、両方を同時に行うと急いでいるように見えてしまいます。

 体の動作は後にしたほうが良いでしょう。
例えば、「こんにちは」と明るく挨拶した後にお辞儀をするのです。 そうすればどっしりと堂々として見えます。

お辞儀のマナー
会釈・・・軽いお辞儀
15度ほど体を前に倒し、視線は1.5メートルのところに落とす。
(人とすれ違う、お茶を出す、人の前を通る時に使う軽いお辞儀の仕方)

敬礼・・・一般的なお辞儀
30度ほど体を倒し、視線は60センチ先に落とす。
(出社や退社、応接室への出入り、上司の指示をうけたときなどに使用する)

最敬礼・・・最も丁寧なお辞儀
45度ほど体を前に倒し、視線は自分の足元をみる。
(深い感謝、謝罪の気持ちを伝える、無理を頼む、紹介を受けたときなどに使用する)

和室でのお辞儀
座敷でのお辞儀は立ちあがらず、座ったままで座礼をします。決して、お辞儀の前に座布団に座ってはいけません。座布団の下座側に正座しておきましょう。

創作者介紹

YOSHIE自言自語新天地

yoshie 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()